チャンピオン24号感想

週刊少年チャンピオンの24号を読みました。
個人的に今号最大のヒットだったのは、沼田純先生の読み切り『朝日の野球部』ですね。以前の集中連載があまり面白くなかったのでそれほど期待していなかったのですが、今回は面白いです。これまでに読んできた沼田先生の漫画の中で一番面白いかもしれません。新境地を切り開いた感じです。この調子でまた連載に戻ってきて欲しいですね。
藤近小梅先生の新連載『ペーパーブレイバー』が始まりました。絵は可愛いですけど、それ以外は今の所可も無く不可も無くといった感じです。なんとなくですけど、あまりチャンピオンらしくない作風だと思いました。
『囚人リク』は、これまでの田中さんの脱獄経験が語られていましたけど、四回目のやつは脱獄した後凍死しそうです。
『バチバチBURST』は仁王さんのエロ本を読む理由が素晴らしかったです。この後は石川対常松、鯉太郎対大鵠さんと、王虎対白水さんと面白そうな取り組みが目白押しですね。
『いきいきごんぼZ』で吏毘堂がやっていた徹ニーは、実際にやったら命に関わる気がします。技野のねーちゃんは二度目の登場でしたが、吏毘堂たちとは接触しませんでした。今後接触する機会はあるのでしょうか。